【パラオ】1月27日~1月31日「美し国 菅家一比古代表と行く パラオ鎮魂慰霊の旅」を開催しました

1月27日~1月31日で、第三回パラオ鎮魂慰霊の旅を斎行しました。

今回は応募者も多く、予定前に募集締切となりました。参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 

菅家代表のメルマガ言霊の華より、一部転記させて頂きます。

導かれやすい体質、もたらされやすい体質こそ、成功(幸)者の必須の条件でしょう。
「我ならぬ我」「神が神する」は「呼(喚)ばれる」体質にも通じていくのです。魂が魂を呼ぶ。

パラオへ行く度に想いや捉え方が深まるのを感じ、つくづく想うことは「我々は呼ばれていたのだ」と云うことです。

準備をしてきた堀内明日香女史の信念、情熱、行動力を傍で見てきた私は、「ああ、英霊に呼(喚)ばれているな」とつくづく思ったものです。そうでなくては、あの情熱や、一途さは生まれて来ません。

そしてこの度のパラオは驚くことの連続だったのです。詳細は今月中の言霊の華で、明日香女史が述べてくれるでしょう。
彼女こそ導かれる体質、呼(喚)ばれる体質そのものです。菅家廊下翔塾は、霊魂(みたま)の扉を啓き、そのような体質へと変化成長を遂げる場なのです。