自立した女性の組織なでしこオピニオンの会

日本をいかに取り戻すか。
いま一度、古来より日本を支え続けた
日本女性の底力に因る国家の蘇りと、
社会啓蒙を通しての呼びかけ、行動が肝要かと考えます。
良識ある女性たちが、広く日本社会、
そして世界へと真実を発信することがいま、 急がれているのです。

代表挨拶

呉善花

呉善花(オ ソンファ)

拓殖大学国際学部教授
韓国・済州島生まれ 著書に、『攘夷の韓国 開国の日本』(第5回山本七平賞受賞)『スカートの風』『反日 韓国の苦悩』など多数
日本の文化が世界に注目される今日ですが、アジア的諸文化とも欧米的諸文化とも異なる日本の独自性はどこからくるのでしょうか。
「なでしこオピニオンの会」では、その歴史的なりたちや、日本文化が他文化とどのような異質性や共通性を持っているかを自覚的にとらえて、世界にない日本の魅力を、日本人はじめ世界に発信していく。そして日本文化と、類まれなる芯の強さをもつ日本女性の魅力の根源を探っていきたいと思います。

役員紹介(敬称略)

河添恵子

顧問河添恵子

ノンフィクション作家
2020年アパ懸賞論文賞最優秀賞受賞

「なでしこオピニオンの会」配信動画

美し国なでしこ対談#1-1

ロバート・エルドリッヂ氏 with 河添恵子氏

世界を悪夢に陥れた武漢発の新型コロナウイルス。
東京五輪の1年延期が決定し、いよいよ日本も緊急事態が宣言された。
いまだ収束の兆しが見えない中、米国はじめ世界は台湾の防疫体制を絶賛し、中国政府の隠蔽体質への非難を強めつつあります。 日米関係の専門家ロバート・D・エルドリッヂ先生と中国分析の第一人者河添恵子先生が、 現在の米中関係、そして日本と台湾について語ります。

美し国なでしこ対談#2-1

葛城奈海・赤尾由美『皇統を守るため、なでしこ立ち上がる』

令和への御代替わりから1年。
皇位継承及びその諸行事は無事に滞りなく行われたが、ここへ来て問題が発生。新型コロナウイルスの影響で秋篠宮殿下の「立皇嗣(りっこうし)の礼」が延期されました。
天皇の地位は、血統の原理、すなわち「父親を遡れば初代神武天皇にたどりつく」という、連綿と続いてきた神秘と霊性の継承。
ところが現在、反日感情と天皇への忌避憎悪を包み隠した勢力が、公然と女系天皇擁立を唱え始めている。

#5-1  美し国なでしこオピニオンの会 対談

菅家一比古×佐波優子

戦後75年目の慰霊について現代日本の問題点と共に語り合います。
・戦後日本人が忘れてしまったもの
・日本とは何か
・若い世代へどのように慰霊の意義を伝えていくか
・女性の美学、母の美学、そして感謝とは

  • ホーム
  • なでしこオピニオンの会